綾上町棚田ビレッジ会規約

 

   [第1章  名称]

    第1条 本会は、「綾上町棚田ビレッジ会」と称す。

    第2条 本会の事務局は綾上ふれあいネットワーク内におく。

 

[第2章  目的]

3条 本会員は緑豊かな美しい農村景観を有する集落を保全するため、ボランティアで集落内の農地の保全や遊休地の解消などの支援活動を行うことを目的とする。また、こうした活動を通じ会員相互の交流と良好な「綾上町棚田ビレッジ会」の運営を図る。

第4条 本会員は、前条の目的を達成するために、次に掲げる集落保全活動を行う。

(1)遊休化した農地の保全管理を行う。

(2)棚田の畦畔の草刈を行う。

(3)会員相互の交流活動を行う。

(4)その他集落保全に必要な支援を行う。

 

[第3章  会員]
     5条 本会員は、ボランティアにより集落保全を行うことに賛同できるものとする。

     第6条  本会員になろうとする者は、「綾上町棚田ビレッジ会」の運営に必要な会費(経費)を支払うことによって会員になれる。

 

第4章  役員]

    7条 本会は次の役員を置く。

   会  長  1 名

   運営委員  若干名

   監  事  2 名

第8条 会長及び監事は本会員より選出し、運営委員は第19条のリーダー及びサブリーダーが当たるものとする。

     第9条 役員の任務は次のとおりとする。

会長は本会員の意見を取りまとめ会務を総理する。

運営委員は会務の運営にあたる。

監事は会計の監査を行い総会に報告する。

    10条 役員の任期は2年とし、再任は妨げない。

 

[第5章  運営委員会]

11条 本会は必要に応じて運営委員会を開催し、会長がこれを召集し、その会議の議長となる。 

12条 運営委員会は農地の保全活動や広報活動などの事業運営に関する基本的な事項を協議する。

13条 会長が必要と認めるときは、監事を運営委員会に出席させることが出来る。

 

[第6章  総会]

14条 本会は毎年定期的に総会を開催し、会長がこれを招集し、その会議の議長となる。

     15条 総会は次の事項を決議する。

1)規約の改廃

2)事業の計画及び収支予算

3)事業実績及び収支決算

4)役員の選出

5)会費の賦課、徴収に関する事項

6)その他本会の運営に関する重要な事項

    16条 総会の決議は、出席者の過半数以上の賛成を得る、

 

[第7章  専門班]

17条 本会の円滑な運営を図るため次の専門班を置く、

1)作業・連絡班

2)広報・会計班

18条 作業・連絡班は、農地の保全管理に必要な農産物の植え付け・草刈などの具体的な作業計画、活動内容の連絡な    どに関する事項について協議調整を行う。

  2 広報・会計班は、広報資料の作成、会計事務などを行う。

19条 会員(会長は除く)はいずれかの専門班に属し、専門班にはリーダー及びサブリーダーを置く。

20条 リーダーは、作業班を招集し、その会議の議長となり、その内容を会長に連絡する、

21条 サブリーダーは、リーダーを補佐し、リーダーが事故あるときはその職務を代行する。

 

[第8章  会費]

22条 本会員は必要と認める経費をもって会費とする。

 

[第9章  補則]

 

23条 本会の規約は運営委員会において改廃を決定し改正後の規定又は廃止について会員にすみやかに通知する。

     附則    平成14年4月21日施行
        平成15年4月1日施行

  戻る